最も給料が高く、出世もしやすい人とは?「ZOOM講座」からの「公輝の部屋」(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

21314826_1949398335348083_6636313276995361040_n
カテゴリー: 公輝の部屋(マーケティング井戸端会議)

 

 

 

2017年12月8日は、

 

葉山リイナさんの「ZOOM講座」からの

「公輝の部屋」でした。

 

 

dsc_0296

 

o0480038114087291875

 

 

学びと気づきとヒラメキに溢れていましよと。

 

  • わちゃわちゃ

  • ぐるぐる

 

というキーワードも(笑)

 

o0480027014087328111

 

 

そして、今回のテーマは「コミュニティー」でした。

 

21世紀のビジネスにおいては、

コミュニティーを形成できた会社や人が強いです。

 

実は、

僕の「公輝の部屋」も、

パワービジネス・リセット大学も、

コミュニティー形成に主眼をおいています。

 

 

昨日もいろんなことを伝えたので、

以下の文章を解説することで議事録とします。

 

これは、

くっしーこと僕の秘書の櫛田さんが、

僕のために見つけてくれたWEBサイトからの抜粋です。

 

 

 

――――――――――――――――――――――――

弱いつながりの強さ

早稲田大学ビジネススクール准教授

入山章栄が解説する、世界標準の人脈術

2017.05.01

――――――――――――――――――――――――

 

 

コミュニティーについての重要な示唆や、

ビジネスを拡大することに関する本質です。

 

「●印」が僕の補足☆

 

 

――――――――――――――――――――――――

 

 

そもそもこの時代になぜ、

人のつながりが重要なのかを問い直すことから議論を始めた。

 

入山教授によれば、その理由はふたつある。

 

ひとつは、

 

イノベーションは既存の知と知の

新しい組み合わせから生まれることがわかっているが、

 

社内や業界内という狭い範囲では、

もはや手付かずの新しい組み合わせは存在しない。

 

「だから組織外の多様な知に触れることのできる

ネットワークの重要性が増している」ということ。

 

もうひとつは、

 

「ロート製薬による副業の解禁や、

ヤフーの週休3日制導入など、

感度の高い経営者は社外とのネットワークの重要性を

もう十分に理解していて、新しい動きを見せている」。

 

その結果、既存の会社の枠組みは曖昧になってきており、

ネットワーク自体がひとつの単位になりつつあるということだ。

 

  • 会社内や、既存の枠組みでは、新しい発想は生まれないから、

 積極的に「外との接触を図る」ことを推奨している企業が

 増えてきたということです。

 

「境界を超える人」のことを経営学の世界では

「バウンダリー・スパナー(Boundary Spanner)」と呼ぶ。

 

  • 僕は、

 その場所を「僕がコントロールする限り」において、

 

 女子大生や、

 サラリーマンや、

 中小企業経営者や、

 上場企業経営者や、

 大学教授や、

 主婦や、

 労働者や、

 アーティストや、

 政治家などが居たとしても、

 

 その人たちを「つなぐ」ことができる可能性があります。

 

 それは、僕が、「ハブ」となる考え方と人脈と経験を

 持った人になろうと努力しているからです。

 

 プロデューサーであり、

 ディレクターであり、

 コンダクターであり、

 コーディネーターであり、

 マスターオブセレモニーであり、

 コンセプトメーカーであろうとする努力です。

 

 

dsc_0302

 

社会学者マーク・グラノベッターが提唱する

「弱い紐帯の強さ(The Strength of Weak Ties)」理論だ。

 

イノベーションにつながるような多様な情報を得るためには、

親友同士のような強いつながりよりも、

むしろただの知り合い程度の弱いつながりの方が有効だという。

 

直感的には強いネットワークの方が良さそうにも思えるが、

「スカスカのネットワークの方が情報の流れがスムーズであり、

なおかつ簡単につくれるぶん、遠くまで伸びる。

だから多様な経験をもった人と効率よくつながり、

そこから効率よく情報を得ることができる」と入山は解説する。

 

  • 強いつながりがあるのは良いことですが、

 その分、「しがらみ」もあります。

 

 僕から習っている人は

 何度も訊いて理解していると想いますが、

 人の行動原理は「愛とジェラシー」。

 

 それは、ときに、

 情報を遮断したり、

 婉曲してしまいますよね。

 (みんな、身に覚えあるでしょ(笑))

 

 

さらに入山によれば、

「ストラクチュアル・ホール(Structural Holes)」

というネットワーク理論により、

 

「2つのネットワークのハブの位置にいる人が、

最も給料が高く、出世もしやすい」こともわかっている。

 

なぜなら、

どちらのネットワークから発信された情報も、

反対側のネットワークに到達するには、

必ずこの人を経由することになるからだ。

 

  • 僕がコンサルとしてやっていられる要因のひとつとして、

 社長の意向を聞いて、

 社員の意見も聞いて、

 両者の間にいることで、

 もっとも多くの情報を持つことになるのが大きいです。

 情報をもっている人が強いわけです。

 

 それをその会社発展のために、

 正義と誠実と情熱と哲学の元に、

 うまく組み立てることがコンサルの仕事でもあるのです。

 

 

「つながりたい、承認されたい、貢献したい

というのが人間の3大ニーズなんです。

だから、誰かの助けになりたいという思いは誰にでもあるはず。

 

にもかかわらず、

なかなか利他的にふるまえないというのは、

ひとえに自分自身が満たされていないからではないでしょうか。

 

自分が満たされていない人は、

一時的には利他的にふるまえたとしても、

それが報われないと、いつしか見返りを求めてしまう」

 

  • 天国と地獄は同じ場所。

 

 相手を優先できる人たちが集まれば天国です。

 自分を優先する人たちが集まればそこは地獄です。

 

 場所は一緒ですが、態度や行動が真逆。

 だから、天国と地獄は同じ場所だというのです。

 

 但し、他人を優先するためには、

 自分が幸せであるように精一杯の努力が必要です。

 

 ここがパラドックスだけどね(笑)

 

 人を助けるために、

 幸せな自分である努力をしましょう。

 

 

「木も見る、森も見る」

 

 

  • 多くの人は、「木」しか見ていません。

 「森」をも俯瞰できる人がうまく行きます。

 なぜなら、

 プロデューサーになれるからですよね。

 

 

―――――――――――――――――――――――

 

 

ってことで、

コミュニティー形成です。

 

今年、僕が入った倫理法人会は、

宮城県で3000社、

全国で6万社です。

 

月に1万円ですから、

宮城だけで月間3000万円、年間3億6千万円。

全国6万社だから、年間72億円ですね☆

 

これもまた

コミュニティーですよね。

 

中小企業家同友会も、

JC青年会議所も、

ロータリークラブも、

ライオンズクラブも一緒です。

 

僕は、

経営者の集まりが、

いかにして「維持・拡大」しているのかを、

倫理法人会を通じて研究中ってことです(^^)

 

それらについても、

先日の「公輝の部屋」で語りましたが、

もっとシンプルに議事録するために、

 

以下、

リイナ理論を

シンプルに書いてみますよと。

 

――――――――――――――――――――――――

 

①趣味や方向性が近い人達がわちゃわちゃ集まっている。

②その中で、目立つ存在=スターやカリスマが現れる。

③その人に、「教えて欲しい人」がお金を払うようになる。

④教えてもらった人たちが上位のコミュニティーを形成。

⑤同期会、同窓会、勉強会などを通じて価値を高め合う。

⑥その上位コミュニティーに入りたい人たちが現れる。

⑦上記、ぐるぐる廻り出す(^^)

 

――――――――――――――――――――――――

 

dsc_0301

 

よく分かりますよね?

 

あなたのビジネスにおいて、

あなたが形成するコミュニティーを育てたいものです(^^)

 

 

コミュニティーを制するものが、

ビジネスを成長させることができます。

 

 

来年、コミュニティービジネスのセミナーでもやろうかな(笑)。

 

 

 

追伸

ズームについては、

とっても可能性が高いので、

詳しくはリイナさんに訊いてね(^^)

 

リイナさんがお客さまの声とともに

公輝の部屋のマイノートもブログで公開してます(^^)/

https://ameblo.jp/pullriina/entry-12334822728.html

 

 

o0480064114087291861 

 

(このマイノートすごいので

議事録でも画像借用(笑))

 

あなたの「時間・距離・お金」を

大きく変化させるzoom。

 

その先にある、

リアルの大切さと、

相思相愛のビジネス。

 

そしてコミュニティに始まり、

コミュニティに終わる。

(リイナ語録♪)

 

 

 

 

 

 

 

集合写真は途中退席3名様だったので、

少人数フォトにて寂しい(笑)まつお☆

 

dsc_0303

 

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

株式会社 乾杯・KANPAI

代表取締役社長

両想いコンセプトビジネス倶楽部 松尾公輝

【仙台駅前事務所】

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目8-15

TEL 022-707-1911 FAX 022-395-5421

モバイル 090-9535-9907

E-mail:km@kanpai-kanpai.com

トップページ

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○