起業したばかりでご自身の「事例」が欲しい時はモニター募集を♪(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

22780473_1872564932760666_5886710032590548838_n
カテゴリー: 公輝の部屋(マーケティング井戸端会議)

 

 

 

 

「モニターの考え方」について書いておきます。

 

 

 

ご自身の「事例」が欲しい場合、
また、「スキル」や「経験」を上げるために、
募集するのがモニターですよね。

 

●事例としてPRに活用させてもらう代わりに、
金額を安く設定したり、
無料にしたりします。

 

 

●PRに使うとは、
写真、氏名の公開、文章、アンケートの協力などです。
講師系の仕事の場合、

 

 

①無料セミナーを開催し格安のモニターをご案内する。

 

②ダイレクトに「無料モニター」を募集する。

 

というのが基本形です。

 

 

 

いずれにしても、

 

「告知する力」が必要になりますし、
「内容が確かなもの」であることが大前提です。

 

また、セミナーにおいては、
はじめから「モニターを募っている」ことを
明示するようにした方がいいと想います。

 

ダイレクト募集の場合は、
友人知人を中心に個別にお願いしてもいいでしょう。

 

モニター数ですが、
多いほどいいです。

 

最低でも11人以上、
できれば20人くらいでしょうか。

 

カウンセラーなどの資格の場合、
協会によっては
「100人無料のカウンセリング修行」
を課題にするところもあります。

 

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部

http://kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

 

23031325_819505924895789_4148682854591292601_n

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部主宰
株式会社 乾杯・KANPAI代表取締役
パワービジネス・リセット大学学長

 

松尾公輝