ユングさんとフロイトさんの、アドラーさんとの違いと「だからこそ」について(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

yamasha17511021_tp_v
カテゴリー: 心について

 

 

ユングさんとフロイトさんが、

 

「原因」を過去に求めて、
「結果」を分析するのに対して、

 

アドラーさんは、

 

「原因」を現在に求めて、
「結果」を未来に向け
創造していく立場を取っているようです。

 

僕も、どちらかと言えば、
アドラーさんの立場で思考する傾向にあります。

 

 

「3%の会」黒木安馬先生によれば、

 

「だから」できない、じゃなく、
「だからこそ」できる、と解釈して行動。

 

 

ですね☆

 

 

僕も家族に、
〇〇〇〇症の〇と、
〇〇〇の次〇と、
〇がおかしい〇〇を抱えています(笑)。

 

 

だから、できないという思考だと、
未来をクリエイトできません。

 

だからこそ、
僕に実力がついた。

 

だからこそ、
日々モチベートできている。

 

だからこそ、
望むような未来を手に入れる。

 

という思考と行動が
叶っているのだと確信しています。

 

 

「禍福は糾える縄の如し」


「人間万事塞翁が馬」

 

 

 

幸福の中に不幸の種があり、


不幸の中に幸福の芽があります。

 

 

そこにどんな「解釈」を与えるかは、
僕ら当事者にかかっていますよね(^^)

 

 

影を持たない人はいませんが、

 

 

光をもたらすこと、
光を見出すことは、

 

いつでも、
何度でもできます。

 

 

RCBCは「光の材料」をプレゼントします。
http://kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

22195999_809112889268426_4296621054642844791_n

 

僕はマーケティングの人ですが、
Psychologistの側面も持っています。

 

 

 

みんなが健やかに暮らせますように☆

 

松尾公輝