彼は言い訳などせず、 命懸けでその細い板の道を進むでしょう。(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

20141103-pb030023_tp_v
カテゴリー: 経営マインド

 

 

 

信念があることが成否を分ける。
なお、強みも発揮してゆくことが肝要。
――――――――――――――――――――――

 

 

信念とは「動機」と一緒です。

 

 

 絶対に実現しなくてはならない理由がある人と、
特に理由なくファッションでやっている人では、
勝負になりませんよね。

 

 

 目もくらむような地上100メートルのビルとビルの
間に渡された幅30センチの板を行ける人は、
向かう先のビルに「子供が人質にされている人」です。

 

 彼は言い訳などせず、
 命懸けでその細い板の道を進むでしょう。

 

 子供が人質とは物の喩えですが、
つまり信念とは、絶対に譲れない理由=動機です。

 

 

 そして「強み」。

 

 

 「力なき正義は悪である」

 

とはケンシロウの言葉ですが、
愛する人を守るためには「実力」が必要だということです。

 

 

18236490_1358365360893921_334128542_o

 

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部

http://www.kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

 

松尾公輝