「女子高生の成績が劇的にアップした理由を知って最短でビジネスの成果につなげよう」(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

https___www-pakutaso-com_assets_c_2015_06_tsj85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
カテゴリー: 両想いコンセプトビジネス倶楽部

 

 

女子高生の成績が劇的にアップした理由を知って

最短でビジネスの成果につなげる方法

 

について、お伝えします(^-^)

 

 

よく、「差別化・独自化・USP」なんて言いますよね。

 

お客様に対して、自社も他社も

同じ商品やサービスを提供していますので、

「価格競争」になるのは当たり前ですから、

 

他社が提供していない

商品やサービスを提供するようにしましょ、ってこと。

 

 

そんなの誰でも分かっています。

 

そんな「解説」は不要。

 

僕らが欲しいのは「解決」ですよね。

 

 

 

でも、僕らを、さらに混乱させる罠があります。

 

同じような意味合いの言葉が多すぎるのです。

 

 

・ポジショニングと言い人もいます。

・コンセプトと言う人もいます。
・ブランディングと言う人もいます。
・差別化・独自化と言う人もいます。
・USP(ユニークセリングプロポジション
)と言う人もいます。
・違いを生む違いと言う人もいます。
(DMD
:Difference that Makes the Difference

 

 

もちろん、厳密に言えば

それぞれにそれぞれの意図があります。

 

 

人にかかるもの。

会社にかかるもの。

商品にかかるもの。

運営にかかるもの。

経営にかかるもの。

 

 

いろんな場面で、

微妙に使い分けされています。

 

そして、

いろんなコンサルタントやマーケッターが、

それこそ「自分の主張に独自化」をもたらすために使っています。

 

 

でも、思うのです。

 

 

「本質的には同じだな」って(^-^)

 

 

そしてさらに、僕らを混乱させるものがあります。

 

曰く・・・。

 

・モノではなくコトを売れという人もいます。
・物ではなく体験や経験を売れという人もいます。
・ドリルを売るな、穴を売れという人もいます。
(顧客が本当に欲しいのはドリルではなく「穴」)
・商品やサービスは手段であって、
その先にある「ニーズ」を売れという僕もいます

 

全部「正解」です(笑)

 

でも、全部を理解し、実践するには、

情報量が多すぎますし、

言葉を違えて、いろんな人が、いろんなことを提唱しています。

 

だから、学べば、学ぶほど、

迷ったり、止まったり、ぶれたりしてしまいます。

 

いわゆる「ノウハウ難民」「セミナー難民」になっちゃいます。

 

それに、

僕らはいろんな商売をしていますし、

日々、忙しいし、

他にも優先順位の高い仕事があります。

 

旅館、自動車販売、エステサロン、

レストラン、食品メーカー、各種小売店・・・。

 

日常業務をこなした他に、

マーケティング対策に

充分な時間を投じるのは至難の業です。

 

もちろん、今日明日に実現しなければ

会社が潰れるわけでもないし、

重要性はあるけど、

緊急性は薄いのかもしれません。

 

とは言え、

絶対に必要なことであり、

やらなければ、

真綿で首を絞めるように疲弊していくもの世の常です。

 

 

では、そのマーケティング成果を求めるための

最短ルートは無いのでしょうか?

ショートカットできないのでしょうか?

 

 

ある女子高生が、

劇的に成績が向上しました。

それは、ある「事実」が、彼女を変えたからです。

 

この事実こそ、

今回お伝えしたい魔法の杖です。

(僕は常々、「魔法の杖は無い」って言っていますが、

それに近いものはあります(笑))

 

彼女はイヤイヤ、苦しんで変わったわけではありません。

むしろ、勉強することが、楽しくて仕方ない状態になったのです。

 

「彼女に勉強をやめさせるのが難しいくらい

 彼女が勉強に没頭できた理由」

 

これを知ることで、

あなたのビジネスが最短で成果を収めるでしょう。

 

それは、

○○学ぶ⇒○○○学ぶ

というたった「1文字違いの真実」です。

 

 

今から10分弱の時間を投じても、

今日の仕事に支障が出ないなら、

以下の動画を観てください(^-^)

 

最短でビジネスの結果を出すことができるでしょう。

 

 

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部

http://www.kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

rc_photo11

 

seminars_photo03

 

松尾公輝