あなたの事業コンセプトを創って加速する11の質問(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

imari20160806510416_tp_v
カテゴリー: コンセプト経営

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――

コンセプトを創る11の質問

――――――――――――――――――――――――――――――

 

藪から棒ですが、いずれにしても、

繁盛店には以下があります。

 

「コンセプト」

「イノベーション」

「人そのもの」

「マメなこと」

 

少々具体的に書けば、

 

1、常に自社の棚卸しを行い独自固有の「物語」を紡いでいる。

2、仕事を「志」に転換し社員・取引先・お客様の共感を得ている。

3、自分たちなりの「ブランド」を見つけ「得意客層」がある。

4、お客様との「会話の質」を上げ、「会話の量」を増やしている。

5、今日のお客様を大切にし「想い出づくり」に貢献している。

 

ということ。

 

そしてこれは、お客様との絆を創る仕掛けであり

仕組とも言えるでしょう。

 

でも、こうしたことを実践するには、実は、

コンセプトが必要になるということです。

 

試しに、以下の質問に、

コンセプトが無い状態で答えることが可能だと想いますか?

 

★どんな玄関であるべきでしょうか?

★どんな制服を着るべきでしょうか?

★どんな言葉遣いが適当でしょうか?

★どんな料理を提供するべきでしょうか?

★どんな演出が望ましいでしょうか?

★どんな装飾がブランドを訴えてくれるでしょうか?

★どんなものを客室に置いたらいいでしょうか?

★どんな仕掛けがお風呂に必要でしょうか?

★どんなものを売店で販売したらいいでしょうか?

★どんなお見送りがブランドを強調してくれるでしょうか?

★どんな言葉が立地環境風景を表すでしょうか?

★どんなネーミングが館内に施せるでしょうか?

 

上記は、すべて、コンセプトが無い状態では

答えに窮するものばかりです。

 

ということで、コンセプトを創る11の質問を致します(^^)。

 

(旅館向けに書いていますが、

どんな業態にもアレンジ可能です)

 

 

これを考え抜くことで、コンセプトメイクが成され、

お客様は自分に合った宿、

そのときの目的に沿った宿が、

「分からない」から選べない、ということは無くなります。

 

 

「コンセプトを創る11の質問」

 

まず、販促に必要な情報は、次のふたつで足ります。

 

【質問1】何でその会社や商品やサービスを知ったのか?

【質問2】選択肢の中からその会社を選んだ「決め手」は?

 

◆お客様が「 触れるメディア(口コミ含む)」を知り、

◆お客様の「 悩みや目的や希望 」を知り、

◆お客様に「 響く言葉で表現する 」ことで、

 

販売促進に効果が出るのです。

(★スタッフからも迷いがなくなります)

 

また、集客を来客に転換し、

それを仕組化して安定拡大させるには、

以下を掘り下げることになります。

(多くの会社はやっていません(^_^;))

 

 

【質問3】一番おつきあいしたいお客様は誰か?

【質問4】その人(会社)はどこにいるのか?

【質問5】その人(会社)を紹介してくれる人は誰か?

【質問6】お客様の悩みや叶えたい希望は何か?

【質問7】あなたの商品やサービスでどのように解決できるか?

【質問8】結局、お客様のメリットとは何か?

 

上記が詳らかになってくると、

 

どんなメディア、どんなツール、

どんなアクションが最適かなど、

「やり方」が浮き彫りになってきます。

 

しかし、実は、その前に、

絶対に押さえておかなければならない

重要なポイントがあると考えています。

 

それは「あり方」です。

 

【質問9】誰のために、事業(仕事)をしているのか?

【質問10】なぜ、その事業(仕事)をしているのか?

 

そしてそれに答えるためには、

最後の質問に答えなくてはなりません。

 

【質問11】今までの苦労やツライ体験から見て、

自分の事業に照らしたときのビジョンは何ですか?

 

 

以上が11の質問です。

 

願わくば、多く人から共感され、

応援されるようなビジョンを描きたいものです。

 

人々を操作するのではなく、

人々から共感されるビジョンです。

お客様との絆を創るビジョンです。

 

そうすれば、

思わず誰かに話したくなる会社になれます。

 

「他人と同じことを、よりうまくやろうとする競走」

=同質化競争から抜け出しましょう。

 

 

 

コンセプトがお客様を呼びます。

コンセプトが社員を奮起させます。

コンセプトが話題を作ります。

コンセプトが経営を牽引します。

コンセプトが夢を引き寄せます。

 

 

 

みんなが乗りたくなるコンセプト

一緒に作りませんか?

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部

通称=RCBCです。

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部=RCBC

 

img_0070-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

松尾公輝